江東区 夜勤専従看護師

学校検診の看護師の主な業務

検診にもいろいろな種類があって、小学校、中学校、高校や養護学校を回る、学校検診という仕事もあるんですよ。
学校検診では、心電図、採血、貧血検査をしているんです。
心電図というと、難しいというイメージがあるかもしれませんが、波長を読む必要はないので、とても簡単です。
ただ、筋電図にならなければ問題ないんです。
でも、これが結構苦労するんですよね。
小学校の低学年の子供の場合は、白衣を着た私達を看るだけで緊張して、中には泣き出す子もいるんです。
それに、中学生や高校生の場合は、ちょっと触られただけでもくすぐったがって、笑い出してしまうんですよね。
だから、筋電図が入らない波形を取るのが難しいんです。
大人だったら、全然難しい事はないんですけど、子供の場合は、リラックスさせるのが大変ですね。

 

それと、貧血検査をする時には、特殊な採血方法をするんです。
耳たぶを切って細いガラス管で吸い上げて採血しているんです。
これが、なかなか難しいんですよね。
仕事に入る前に、研修で練習するんですけど、慣れるまでには時間がかかりますね。
でも、慣れてしまえば、普通の採血よりも簡単なんですよ。

 

学校検診は、大人の検診と違って、緊張してしまって倒れてしまう子供もいるので、結構気を使うんです。
子供達の状態に常に気を配って、体調が悪そうな子供がいたら、すぐに対処していますね。
他の検診に比べると大変かもしれませんけど、短時間で終わるので、とても効率がいいんです。
それに、子供達が相手なので、大変な事も多いんですけど、癒される部分もあるんですよね。
早い時間に仕事を終わらせたいママさんナースや、他の仕事を掛け持ちしている方にとっては、
とても都合のいい仕事だと思いますよ。