江東区 夜勤専従看護師

夜勤専従にお勧めな科

夜間専従は日中の時間を有効に使えて、お給料も高めですが、病院によって労働環境が全然違います。

 

科によって違うというよりも、病院がどういう体制で夜間業務を行っているかによって働き具合が変わってきます。

 

なので、科というよりも、良い労働環境の病院かどうかも視野に入れると良いと思いますよ。

 

知り合いで夜勤専従で働いている人がいますが、日中に時間が取れやすいので、日中は趣味で続けていてる鉛筆デッサンの時間にあてているそうです。

 

一度見せてもらったのですが、とても大きな、大きなキャンバスに、鉛筆の濃淡だけでデッサンをしていて、本当に感動でした。

 

大好きな絵に没頭して、午後3時くらいから仕事の支度をするそうです。

 

教室での展覧会もあるそうで、展覧会で多くの人にも見ていただけると思うとやる気がとっても湧いてくるそうです。

 

でも、歳を重ねるにつれて、夜間専従も続けられるかどうか不安だという話もしていました。自分は元気だと思っていても、身体は確実に衰えて、無理がきかなくなってきますからね。

 

私も20代は元気だったなぁとつくづく思います。

 

もう一人、夜勤専従で、眼科に勤めていた友達は、高齢の方が多いけれど、老人病院のように介護の必要な方はそれほど多くないし、命に即関わるわけではないから、気持ちは楽かなぁと言っていました。

 

私は夜勤専従にちょっと興味はあるんですが、夜はやっぱり寝たいと思う方なので、日勤、夜勤の繰り返しの方が自分に合っているかなと思います。

 

看護師仲間でよく話すのは、いつまで体力が続くか、なんですよね。

 

いろいろな労働形態が今はあるので、その都度、自分の生活に合わせて、働き方も変えていけるのが理想だなと思ったりしています。